俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人。 エレン「よぅ!超大型巨人!久しぶりだなー」 超大型巨人「えっ」

ライナー・ブラウン

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

/ / / ( shingeki). マルコ 「やっぱりアニかな?」 ジャン 「ミカサに晩飯全部。 アニとエレンが引っ付いている事を妬んだミカサの仕業だった。 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• てめえ相当強えだろ。 え?え? エレンが来ればもう壁を壊さなくていい、分かるだろ。 飛ばされたエレンは訓練兵時代にアニに投げ飛ばされた時のことを思い出した。

次の

進撃の巨人32話|打・投・極|アニメあらすじ/ネタバレ

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

ライナー・ブラウンとファルコ・グライスとの会話場面。 アニ・レオンハート ここで作戦を失敗とし、故郷へと帰りたいが、失敗の責任は取りたく無い に全ての責任を負うようにと言われながら何度も蹴り付けられて倒れていたライナー・ブラウン このまま作戦を続行し、成果を得てから帰りたい が、アニ・レオンハートの隙を突いて飛び掛かり、後ろから腕で首を絞め付けた場面。 俺はもう終わりにしたい。 エレン "あのクソ野郎。 進撃の巨人 漫画 第93話「闇夜の列車」 「 お前がガビを救い出すんだ。 スラバ要塞、上空。

次の

ライナー「俺が鎧の巨人で、こいつが超大型巨人だ」←これ:MAG速

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

いったい何考えてたんだ。 短くてすいません!• 調査兵団が雷槍で「鎧の巨人 ライナー・ブラウン 」の項の装甲を破壊し、再び雷槍を打ち込みに行った場面。 昔の戦争で使ってた鎧にも人体の構造上、鉄で覆えない部分がある。 税関没収する商品は再度無料で発送します。 また時間が戻りましたね。 エレン「よぅ!超大型巨人!久しぶりだなー」 超大型巨人「えっ」 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• マルセルが必要なら... 第104期訓練兵団の入隊式でシャーディス教官が訓練兵に向かって「貴様らは何しにここに来た! 進撃の巨人 漫画 第96話「希望の扉」 「... 静かに...... 本当の戦士になるから。 進撃の巨人 漫画 第117話「断罪」 「 エレン... 食われてる...。

次の

コニー「なあ、鎧と超大型ってどっちが強いんだ?」 : 進撃の巨人ちゃんねる

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

頼んだぞ、相棒。 しかし、大量の蒸気を噴出し攻撃ができなくなってしまう。 内から湧いて出た=人間が巨人化って可能性のほうが高そう。 余りにもアッケラカンとした告白に呆然となりましたね。 エレン・イェーガーとライナー・ブラウンとの会話場面。

次の

【悲報】進撃の巨人、名セリフが一つもないwwwwww: GOSSIP速報

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

マーレ軍本部。 普通なら死んでる... 進撃の巨人 漫画 第77話「彼らが見た世界」 「 オイ... 各種海外有名ブランド品を豊富に取り揃え、 しかもお客様を第一と考えて、驚きの低価格で提供しております。 あんたも男ならさ、私のこのか弱い体をもっといたわるべきなんじゃないの? 俺がマルセルに... 」 854。 そうなると傷イコール巨人に変身のトリガー。 ハンジ 「いや、本当に全身が石像のように硬いのなら、あんなふうには動けないはずだ。 人類の敵そのものだ。 ハンジからの報告を受けていた。

次の

ライナー・ブラウン

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

仲良くしたい、というハンジの言葉がなんか怖い。 ヒロインがしちゃいけない顔してる! 或いはエレンを取られそうだから怒っているのか。 1 投稿数• Powered by Luilak. 自分達が狙った通りに巨人に食われているマルコ・ボットを見てライナー・ブラウン 本来とは別のもう一人の人格が現れている が言った台詞。 2人に接触しても疑っている風を見せるな、と。 ベルトルト・フーバーはライナー・ブラウンの背中を叩きながら「任せろ」と返していました。 お前らが初まりの巨人だったのか!? しかもそんな話を軽くあっさり喋ってる。

次の

エレン「よぅ!超大型巨人!久しぶりだなー」 超大型巨人「えっ」

俺 が 鎧 こっち は 超 大型 巨人

Good• 」 854。 俺に戦い方を教えてしまったこと。 」 850。 ミカサ 「ねえアニ、私にもそれ教えて」 アニ 「どうかな、この技は人間用なんだ。 つまり生きてる! 不死身のユミル、まあ巨人だし。 ライナー・ブラウンがベルトルト・フーバー、アニ・レオンハートの二人を左右に抱えて言った台詞。 ブラウン家の人間が集まる中、スラバ要塞戦でのガビ・ブラウンの戦果の話が終わり、パラディ島でのライナー・ブラウンの話になった場面。

次の