大阪 ブルー オーシャン ビジョン。 2050年までに「新たな海洋プラスチック汚染ゼロ」 動き出した国内外の政策とサーキュラーエコノミー(循環経済)の 新たなビジネスチャンス 10月17日(木) 開催セミナー

G20が閉幕 海洋プラスチックへの対策は結局どうなったの?

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

『海洋プラごみ』と問題を特化して考えても、根本的な解決は難しいが、物流や資源や環境の問題も含め、高エネルギー一点集中型ではなく低エネルギー分散型の社会を目指せば解決の見込みも出る」 高田教授 「プラスチック・フリーに取り組む個人の努力にはもちろん意味があり、限界もある」と高田教授は話す。 我々は、デジタルの文脈におけるものも含め、あらゆるジェンダーに基づく暴力、虐待及びハラスメントを根絶するために措置を講じることの重要性を再確認する。 そしてこの要因は、日本政府がNGOや市民団体の声を十分に取り入れてこなかったことにもあると考えています。 リーマン・ショックによる経済・金融危機に対処するため、2008年に第1回が開催• 我々は、民間貸付に係る債務の透明性及び持続可能性を向上させるための、「債務透明性のための任意の原則」に関する国際金融協会の取組を支持し、フォローアップを期待する。 しかし、このビジョンの「2050年までに」という期限が遅すぎること、そして、法的拘束力のある各国のプラスチック使用削減目標設定を含んだ実効性のある枠組みの構築に合意できていないことから、海洋プラスチック汚染問題の解決には不十分であると考えます。

次の

G20「大阪宣言・大阪ブルーオーシャンビジョン」発表

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

(記者) 先ほど言及のあった大阪ブルー・オーシャン・ビジョンについてお伺いします。 世界が歩調を合わせることは重要なことですが、地球規模の利益と自国の利益が相反するときには議論そのものが無意味になってしまうことがあり、G20の問題点かつ限界点と言えるでしょう。 私の訪問については、例えばフランスのマクロン大統領を始め、また、サウジアラビアの皇太子など、多くの方々から緊張緩和への努力についての強い支持があったわけでございまして、今後とも、国際社会と連携をしながら、この緊張緩和に向けて努力をしていきたい。 我々は、女性の起業を促進するため、技能開発を支援し、資金へのアクセスを提供する取組の重要性を再確認し、アフリカを含む開発途上国における女性の起業を支援するための女性起業家資金イニシアティブ(We-Fi)の継続的な実施を歓迎する。 G20財務大臣・中央銀行総裁会議声明(2019年6月8日~9日)• 本日は、アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席が貿易摩擦の解消に向けて会談をしましたが、総理はG20議長として、世界経済のリスクを緩和するために有効な処方箋を示すことができたとお考えでしょうか。

次の

海洋プラごみ問題—G20大阪サミットに足りなかった具体的策とは

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

日程:令和元年10月8日(火)~11日(金)• G20大阪サミットの4つのテーマ 世界経済、貿易、投資 デジタル経済、AI 格差への対処、包摂的かつ持続可能な世界 気候変動、環境、エネルギー テーマごとの話し合いによる結果は、以下の通りです。 デジタル経済、AI 安倍首相は、経済発展と社会的課題の解決にはデータが自由に流通されることが重要だと主張し、信頼性のある自由なデータ流通(DFFT)の考え方を提示しました。 どの国にとってもウィン・ウィン、そして未来に向けて持続可能な成長軌道をつくる。 また、提言するだけでなく実行する力、協力的でない国家間をまとめる力も、日本が今後克服していくべき課題として挙げられます。 午後に行われた会合では、廃プラ削減や気候変動問題などが議論された。 我々は、とりわけ民間部門による、女性の管理職及び意思決定に関わる地位へのアクセスを促進し、女性のビジネスリーダー及び起業を育成するための取組を歓迎する。 皆さんと知恵を出し合う会にできれば幸いです。

次の

G20「大阪宣言・大阪ブルーオーシャンビジョン」発表

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

観光 24. 観光産業は世界のGDPの相当の割合を占め、引き続き世界経済の成長の重要な牽引役となることが見込まれる。 バイオプラであれば、必要に迫られ最低限を焼却したとしても原理的にはカーボンニュートラルとなる。 具体策どころか、そこに言及が一切ない」と、長年マイクロプラスチックの問題を研究している東京農工大学環境資源科学科の高田秀重教授は指摘する。 17. 技術革新は、金融システム及びより広い経済に重要な便益をもたらし得る。 デジタル化が我々の経済・社会のあらゆる側面に変革をもたらしている中、我々は、経済成長、開発及び社会福祉を可能にするものとして、データの効果的な活用が果たす決定的役割を認識する。

次の

G20とは?特徴やサミットの内容・問題点を解説

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

〇日時 令和元年11月2日(土曜日)11時から15時まで 〇場所 大阪府咲洲庁舎1階フェスパ ECO縁日 大阪市環境局が主催する「」でブースを出展し、海洋プラスチックごみ問題や3Rに関するパネル展示やクレヨンを使ったマイバッグ作りを実施しました。 あわせて是非他記事もご覧ください。 設置要綱 第3回会議 日時 令和2年6月26日(金曜日) 15時から17時まで 場所 ウェブ会議 議題 1 プラスチック対策の最新の取組について 2 大阪府内のプラスチックごみ対策について 3 意見交換 傍聴について 本会議は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、YouTubeにてライブ配信を行います。 4%成長しているにもかかわらず、14%減少した。 国際薬剤耐性研究開発ハブによる進行中の取組に留意し、我々はAMRに取り組むための研究開発を促進する。 関 連 質 疑 応 答6. ロケットや人工衛星の一部など)の増加に対して各国が協力して取り組む必要があること、気候変動問題や海洋問題の解決、パリ協定(温室効果ガスの排出抑制)の実施について論じられました。

次の

令和元年6月29日 G20大阪サミット議長国記者会見

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

モノのインターネット(IoT)を含む新興技術の急速な広がりに伴い、デジタル経済におけるセキュリティについて進行中の議論の価値は高まっている。 この時期になるとほとんどの方が身につけているであろう「ヒートテック」は、それまでの衣類にはなかった機能性の高い製品です。 我々は、パリ協定に整合的な形で緩和と適応の双方において開発途上国を支援するための財源を提供することの重要性を強調する。 ここでの価格や機能における血みどろの激しい戦いの様子を「レッド・オーシャン」という言葉で表しているのです。 世界経済の8割を占めるG20は、持続的な成長のために、大きな責任を有しています。

次の

海洋プラスチックごみ問題でフォーラム/大阪産業創造館

大阪 ブルー オーシャン ビジョン

中東における緊張感が高まる中で、各国が緊張緩和に向けた取組を続けているわけでございますが、先般も私自身がイランを訪問し、大統領、そしてハメネイ最高指導者と会談を行ったところでございます。 我々は、国際機関及び全ての関係者に対し、効果的に協力するよう奨励し、全ての人々のための健康的な生活及び福祉のための世界行動計画の今後の発表を期待する。 非国家主体を含む広範な参加を得て、全てのレベルにおいて気候に関する行動をとることが、このようなパラダイム・シフトを実現させる鍵となる。 こういった地球規模課題への貢献を通じて、包摂性のある持続可能な世界を実現することを目指してきました。 地球環境問題と課題• 我々はまた、水素、並びに、各国の状況に応じて、「カーボン・リサイクル」及び「エミッション・トゥ・バリュー」に関する作業に留意しつつ、二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)を含む、エネルギー転換に向けた革新的、クリーンで効率的な技術の更なる発展によってもたらされる機会を認識する。 我々は、全ての人々の利益のために、技術イノベーション、特にデジタル化及びその実装の力を活用しつつ、世界経済の成長促進に向けて協働する。 大阪首脳宣言、G20海洋プラスチックごみ対策実施枠組、そしてマリーン(MARINE)・イニシアティブを実践していく上で、 NGO、市民団体との実質的な対話や連携を開始することは、不可欠といえます。

次の