シーム グリップ。 キャプテンスタッグのシームグリップとロゴスの強力防水スプレーで補修と防水

優遊キャンプ♪:とある野営の撥水加工Ⅱ

シーム グリップ

名前:yocchin 年齢:アラフォー 職業:システムエンジニア 趣味:キャンプ、写真撮影、筋トレ キャンプ歴:2016年11月デビュー。 以前、テラノバのレーザーコンペティションにシーム処理した際はmoonlightgearのサイトをシルネットをシンナーで薄めながら使用して、上手く塗る事が出来た。 補修:キャプテンスタッグのシームグリップ• 塗り終わったあたりで、缶が空になりました。 レインウェアやザック、テントやタープなどの縫い目の防水に。 丁寧に押し付けないと白いものが残りますので、透明になるように作業します。

次の

クフ・タイベックにシームグリップでシーム処理

シーム グリップ

中温で力をいれてさーっと押し付けると、透明でちょっと溶けた感じになり、完璧です。 おそらく大気中の湿度も関係していると思います。 商品画像の一部に、他の商品や小物をイメージとして使用しておりますが、付属品ではございません。 また乾燥が終わっても油断できません。 溶剤を塗るための道具は100円ショップで購入した刷毛とガラス瓶。 通気性に優れているため、透湿性素材にも使用可能 スペック• 防水:ロゴスの強力防水スプレー の2つ。 ある程度慣れてくるとこんな感じで薄く細くシームシールできた。

次の

優遊キャンプ♪:とある野営の撥水加工Ⅱ

シーム グリップ

ゴムみたいに柔らかいコーティングが出来ています。 長期保管する場合も注意しましょう。 - 硬化後も柔軟性が保たれる - 粘着性がそれなりに高い - 固着強度がそこそこ強い これらの理由からいわゆる目止め材としてだけではなく、接着剤としても使用できるので補修全般に利用できる優れものです。 中温で温度がたかすぎて、タープやテントの素材がとけた、ということはありません。 裏表がありますので、テープを切るのは貼り終わってからのほうがいいです。 しかしながら、難点は一度使うと直ぐに固まってしまう所ですね。 シームレステープはシームテープのことですね。

次の

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シームグリップ

シーム グリップ

布の縫い目に塗れば防水加工ができる• 糸に浸透していくとミシン目も埋まっていきますし、縫い糸を伝って水が侵入するのも防ぎます。 低温でも透明になって付いたように見えるのですが、それがきちんとついていないことが多い。 まだ調べてないので値段分かりませんが、 両方買うかは撥水剤の値段次第ですかね(ちょっと弱腰。 ひび割れや剥がれも無いですよ。 縫製のある部分、ガイドロープで引っ張られる部分に塗りました。 サイズ: 約 6. ただし、手についたシームグリップは非常に取れにくいので(数日間は剥がれない)、薄手にゴム手をはめて作業するのが良さそうです。

次の

クフ・タイベックにシームグリップでシーム処理

シーム グリップ

POLON-T1缶(二度塗り)でソロ用テントと小型タープが撥水加工できました。 ポイントは簡単なことです。 ただ、チューブタイプなので、使い切りが原則になるのかなと思います。 目止め(シームシーリング)したい箇所を広げます。 中古で買ったラウンドスクリーン400EXプラスのシームテープが浮いていることが発覚。

次の

キャプテンスタッグのシームグリップとロゴスの強力防水スプレーで補修と防水

シーム グリップ

シーム防水加工はシムグリップで。 4から6時間なんて待てません。 購入したキャプテンスタッグのシームレステープは、長さ20mとのこと。 全く根拠のない発想ですが(笑) ということで、 とりあえず、どっちも買ってみようと思ってます。 重ね塗りの目安は分かりませんが、私は2度塗りしています。 商品カテゴリーで探す• 他の人のブログで、「結構、塗り跡が目立つ!」と書いてあったので、自分は内側に塗ってみました。 補修全般に利用できる優れものです。

次の