ナゲッツ 対 マーベリック ス。 デンバーナゲッツ V/S ロサンゼルスレイカーズ

ナゲッツが最終戦を制して1回戦突破 10年ぶりのシリーズ制覇 第7戦勝利は41年ぶり― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ナゲッツ 対 マーベリック ス

対戦相手の3ポイントショット成功率が昨シーズンは37. 彼がやってきたことは評価すべきだと思う。 。 試合は両軍ともにハードなディフェンスを展開したためにシュートの精度は悪く、スパーズの前半でのフィールドゴール(FG)成功率はここ15年でリーグ・ワーストとなる22・2%まで落ち込んでいた。 1とレーティング差から考えると不自然な結果になっています。 ナゲッツはウェストの第2シードながらも、若いチームであり、経験が少ないことを指摘され続けてきた。 なお、この試合は『Rakuten NBA Special』でライブ配信された。 」 「まるでヘビー級の試合のようだ。

次の

ニコラ・ヨキッチが今季2度目のトリプルダブル、ナゲッツが6連勝でラプターズを止める

ナゲッツ 対 マーベリック ス

試合は両チームがリードやビハインドを繰り返し、オーバータイムはジェットコースターのようだった。 ナゲッツは第1クォーター、チーム最多の1試合平均17. まぁこんなものといえばこんなものかもしれませんが今季終了後ので確たる実力を示せなければチャンスは巡ってこないでしょうね。 3得点を記録していたギャリー・ハリスが、左臀部の痛みで退場。 2に対しての平均得点は111. 3と目も当てられないようなザルディフェンスなのですが、ペイント内での失点は僅かに46失点、速攻からの失点は5失点に抑えており、対面のディフェンスではかなり抑えていたと言えます。 ブレイザーズ 8. このシリーズは長引きそうだから、彼には今夜のようなプレーを続けてほしいね」と試合後の会見で語った。

次の

NBAおすすめチーム【ダラスマーベリックス編】

ナゲッツ 対 マーベリック ス

・リーグ最大の天敵 【 総評】 なんでこんなを称賛というか天敵であるとする記事を書こうと思ったかと言うと、実は今日の試合のサンダーのプレイぶりには満足していたからなんです。 、AD、カズンズは止められず、ドンチッチはダニーグリーンに苦しめられ、とにかく全ての部分で上回られた感じです。 とても効果的で、肩の負傷をおしてバスケット付近で戦ってくれた」と、オクラホマシティ・サンダーとのファーストラウンド第5戦で左肩を負傷しながらも、26得点をマークしたカンターを称賛している。 ルカ・ドンチッチ ・1999年2月28日(20歳) ・国籍:スロベニア ・ドラフト:18年1巡目3位(ATL) ・201cm、99kg まずは、昨シーズン新人王に輝いた神童ルカ・ドンチッチ。 *オフェンスの格 実は平均オフェンスリバウンド数がリーグ1位と2位のサンダーと。 当然、試合のスタッツも驚異的なものになるでしょう。 だが、スパーズとの第7戦で43分半プレイしたヨキッチは、この日も41分半プレイし、フィールドゴール18本中11本成功、フリースロー12本すべて成功と活躍。

次の

ナゲッツがブレイザーズとのシリーズで先勝、ニコラ・ヨキッチが37得点を記録

ナゲッツ 対 マーベリック ス

すべてが正しいプレイなんだよ。 (参考記事:). セルティックス 4. シクサーズ 3. ジャズ 5. 攻守のあらゆるプレーをハイレベルにこなし、 ガード顔負けのハンドリングがあります。 第3Q途中で最大17点をリードしながら、第4Qの残り52秒に2点差まで詰め寄られたが、この日23得点のジャマール・マーリー(22)が残り37秒、ランニング・ステップからのジャンプシュートをねじ込んで勝負を決めた。 だが第3クォーターはディフェンシブな展開となり、ナゲッツは4点しか点差をつめることができず。 これにゲイリー・ハリス、ウィル・バートン、トーリー・クレイグ、モンテ・モリス、マリク・という素早いウィングシューターがかなり多く控えていることもまたサンダーにとっては難しい状況です。

次の

スパーズがナゲッツとの初戦に辛勝! 名将ポポヴィッチHCは歴代最多勝コーチに

ナゲッツ 対 マーベリック ス

そのカンターは「肩のことは考えもしなかった」と述べた。 18年組で僕がダントツで好きな選手です。 消耗戦だよ。 「前例の無いことで、馬鹿げている。 22季連続のポストシーズン進出ながら、2季連続の1回戦敗退となった。 これは思いの外大きな差で、チームの力量としてはほとんど差がないような両チームの試合でしたが、唯一大きく離れていたこのシュート力といった部分で大きく劣ったかと思います。 キャリアのこのステージでこれだけのことをしているのは見事だよ。

次の

NBA2k20第2週

ナゲッツ 対 マーベリック ス

プレーオフにおける経験値だけで言えば、名将グレッグ・ポポヴィッチHC率いるスパーズの方が有利という両チームによる第1戦は、リードするスパーズをナゲッツが追いかける展開となった。 チーム名変更履歴:なし ・Gリーグ提携チーム:テキサス・レジェンズ ・愛称:マブス ・略:DAL チーム名の由来は、ダラスのラジオ局が 名前を公募して寄せられた たくさんの名前の中からチームの役員会で 「マーベリックス」に決定されました。 素晴らしいね」。 やはりドンチッチ&ポルジンギスの欧州コンビが どこまでやれるか?ここが最大の見所になると思います。 59と大きく離れていることに起因するのですが、すなわちのバスケットがスローペースバスケットであり、すべからくサンダーとまるで違う速度でのバスケットを展開しているということにもなります。 母国ラトビアのナイトクラブで地元のギャングに 暴言を吐かれ、流血騒ぎを起こすなどヤンチャな一面も。

次の

今季のファイナル予想はクリッパーズ対バックスか?/GMサーベイ①チーム、コーチ編

ナゲッツ 対 マーベリック ス

「彼は目覚ましい活躍を見せてくれた。 今季は自前の1巡目指名権もありますし何よりバートンとディアロもに同じくして出てくる訳ですから。 もちろんこれはサンダー相手に留まっているわけでもないので昨季9位だったが現在2位にまで順位を上げていることになっているわけですがいかんせん相性が悪く、キングスとは攻略が非常に難しいチームであると言えるでしょう。 ナゲッツ(1勝0敗)はヨキッチのほか、ジャマール・マレーが23得点、ポール・ミルサップが19得点、ギャリー・ハリスが11得点をマークした。 では第2週目終了時点の順位です。 ネッツ -. 大きな痛手だよ」。 ナゲッツは29日に西地区準決勝の初戦を迎えるが、1回戦で7試合を戦ったために中1日でのティップオフ。

次の

今季のファイナル予想はクリッパーズ対バックスか?/GMサーベイ①チーム、コーチ編

ナゲッツ 対 マーベリック ス

中心はドンチッチ&ポルジンギスの欧州コンビ。 後半に入って初めてビハインドを背負ったナゲッツだが、その後同点として迎えた残り7秒にヨキッチがフリースローを決めると、残り5. マリアノビッチはリバウンドは取れるけど動きがスローなので長時間出すと穴になるのでちょっと頭がいたいです。 第2戦は、同会場で5月1日(同2日)に行なわれる。 ラプターズ 6. ダラスマーベリックスおすすめ注目選手 ダラスマーベリックスの注目選手を紹介していきます。 にも13リバウンドを許すなどリバウンドで負けたところをベンチポイントで79-24と大きく上回りました。 逆に、ナゲッツはブレイザーズのデイミアン・リラードに39得点を許したものの、6ターンオーバーも強いた。

次の