みか つる pixiv。 #みかつる #刀剣乱腐小説300users入り 【みかつる】三日月さんが鶴丸を独占したいとか思うほのぼの

[B!] #刀剣乱腐 【腐】さみしい月夜は(みかつる)

みか つる pixiv

だいじょぶでしょ。 生まれたときから鶴丸は当然のように三日月から強い愛情を受けていた。 それでも、やはり、鍛えられた優美な肉体、と、思わせるだけの美麗さがそこにはあった。 「鶴丸や。 コンクリートジャングルで育った自分には、すべてのものが新鮮だったのだ。

次の

#みかつるの日 #刀剣乱腐 同人作家鶴丸くん

みか つる pixiv

鶴丸は木にかけたハンモックの上で目を覚ました。 「どうせ後で二人きりになるんだ。 そうだ。 プレスとマスコミ対応が必須の日に、社会人3年目の俺が休めるわけもなかった。 「……さて」 とはいえ大仕事ゆえに気合はいる。

次の

#みかつる 見て見ぬふりが肝心

みか つる pixiv

「厚君、平野君も前田君もちゃんとわかってるよ~」 「そうですよ」 「ちゃんと今度って言ったじゃないですか」 似たような二人に口をそろえて言われて、厚はたじたじと後ろに下がった。 「じゃあ…照れ隠し、とか?」 随分と長い付き合いらしいが、もしかしたらそうなのかも。 知っていたはずなのに、千年も離れていたものだから、すっかり忘れていた。 すこし視線をあげれば、遠くの山も見えていた。 」 門をくぐり、玄関へと続く道を歩く。 一緒に遊んであげるから。

次の

[B!] #刀剣乱腐 【腐】さみしい月夜は(みかつる)

みか つる pixiv

そういう名をもって生まれたものだから、仕方のないことなのだ。 「ふ」 それから首を振り、よいせと身を起こした。 」 「あの頃は夜になったらすぐに寝ていたんじゃないか?昼間しか覚えてないからそういう印象なんだろう。 「今度お手合わせをお願いできますか!」 「僕も、お願いします!」 前田と平野がそろって声をあげる。 」 「そうか、それからどうしたんだ?」 忘れていた記憶だったのに、話しているうちにするすると思い出す。 」 「うーん、何でもって言われてもなあ。

次の

#みかつるの日 #刀剣乱腐 同人作家鶴丸くん

みか つる pixiv

俺はこの時まだ六歳だった。 「そろそろだな」 「そうだなあ」 月はだんだんと痩せてきて、もうすぐ三日月と同じくらいの大きさになる。 男の一人暮らしだ、俺が持って帰っても仕方ない。 子供の頃は日中飛び回るように遊んでいたし、夜になるとぐっすり寝ていたのだろう。 (過去に何かあったのかな…?) それは後で誰かに聞くとして、もう少し様子を見てみることに。

次の

[B!] #刀剣乱腐 【腐】さみしい月夜は(みかつる)

みか つる pixiv

そんな幼少期を過ごしたが、中学、高校と上がるにつれ、受験だのなんだので忙しくなって自然と足が遠のいてしまっていた。 「東京の方が暖かいか?手をつないでやろうか?」 「何言ってるんだよ、もう子供じゃないぜ。 そうしてこの悲しみを癒してもらうのだ。 「そうだな、お前はとても可愛かったな。 この後は用意をしなくてはならない。 雰囲気で押せばいける、そう確信した三日月が鶴丸の体に手を伸ばしかけたその時だった。

次の

#みかつる 見て見ぬふりが肝心

みか つる pixiv

よく分からんのだが」 「三日月なら俺のことどうやって口説くのか資料が欲しいんだよ」 「資料?何のだ?」 「なにって、みかつるに決まっているだろう」 「いや、待ってくれ。 確か一期一振という太刀と会ったことがあったか……。 [newpage] 「ふぅ…これでよし、と」 この数日間の出来事をまとめてみると、少し疲れるが色々な発見があってとても充実していた。 🦈え~いろいろ試しときたいじゃん。 枝ぶりの見事な松の木に、いろはもみじ。 」 後ろの人は、まだ髪を撫でている。 「鶴、ここに来てからいつもこんなふうに、他の者に肌を晒していたのか?」 「え、あー、まあ、そうともいう」 ひしひしと感じる冷たい圧力に、鶴丸はじりじりと後退しつつ、ぼそりとつぶやいた。

次の

#みかつる #刀剣乱腐小説300users入り 【みかつる】三日月さんが鶴丸を独占したいとか思うほのぼの

みか つる pixiv

残念ながら遊び相手になるような相手はその家にはいなかったが、虫取りに川遊びと、一人でも充分楽しかった。 「こら、くすぐったい…本当に元気だなぁ」 それを見ていた三日月さんというと、 「…ほう、俺の鶴を誑かそうとは、いい度胸だな」 案外、心が狭い…やきもちってやつか、馬相手に。 日が暮れてきたのか、少し気温も下がったようだ。 「……景色もいいな」 板を試しに並べながら、きらきらと輝く池を見下ろした。 だから、いつも一人で。 両手に持った食事を落とさないよう、ぎこちない動きだ。 「指慣らしも必要ですし、時間あわせてやりますか」 やった。

次の