早稲田 エクステンション センター。 各校のご案内

はじめての禅(ZEN)と鈴木大拙

早稲田 エクステンション センター

11月 - (旧戸塚球場)閉鎖。 早稲田大学校友会は(明治18年)に設立された。 1888年(明治21年)• 2007年(平成19年)• 10月 - 体育会の学徒錬成部への統合が完了。 9月 - 大学部にを設置。 は稲門会(とうもんかい)と称され、 早稲田大学校友会に登録している「登録稲門会」に限っても1300を超える団体が存在し、国内有数のとなっている。 大学を本部として「」が組織され、各界において様々な稲門会・校友会が形成されている。

次の

はじめての禅(ZEN)と鈴木大拙

早稲田 エクステンション センター

10月 - 早慶野球戦復活(戸塚球場)。 10月 - 竣工(初代館長・)。 2013年(平成25年)• Depage, 1, 1050, Brussels, Belgium• 山口県 - 「宇部市と早稲田大学との協働連携に関する基本協定」(2002年)• 12月 - が系属校となる。 4月 - 旧制の高等師範部、専門学校を廃止。 4月 - 体育会と体育部を統合して体育局を設置。 1927年(昭和2年)• に端を発するの流行が拡大したことを受け、2019年度卒業式及び2020年度入学式が中止となり 、講義開始が4月20日以降に繰り下げられた。

次の

各校のご案内

早稲田 エクステンション センター

1つの活動に偏ることなく総合的な英語力の養成を目指す方針で、学内随一の英語サークルとなった。 (平成8年)、が、早稲田大学初の中国人専任教授となるを招くなど、語学教員以外での外国籍研究者の招聘を積極的に行い、教授陣のグローバル化も進めた。 茨城県 - 「早稲田大学と牛久市との協働連携に関する基本協定」(2004年)• 東京都 - 産学官連携に関する協定(2003年)• 1898年(明治31年)• 2月 - 興亜人文科学研究所を人文科学研究所と改称。 早稲田大学 日本 日本の地図を表示 大学設置 創立 学校種別 設置者 本部所在地 一丁目104番地(一丁目6番1号) : 学生数 50,221 キャンパス (東京都新宿区) (東京都新宿区) (東京都新宿区) 喜久井町(東京都新宿区) (埼玉県所沢市) 本庄(埼玉県本庄市) 北九州(福岡県北九州市) 東伏見(東京都西東京市) 日本橋(東京都中央区) 上石神井(東京都練馬区) エクステンションセンター早稲田校(東京都新宿区) エクステンションセンター八丁堀校(東京都中央区) エクステンションセンター中野校(東京都中野区) 学部 研究科 人間科学研究科 社会科学研究科 スポーツ科学研究科 日本語教育研究科 情報生産システム研究科 環境・エネルギー研究科 教職研究科 国際コミュニケーション研究科 ウェブサイト 早稲田大学(わせだだいがく、: Waseda University)は、一丁目104番地(一丁目6番1号)に本部を置くのである。 比較法研究所• いずれも、後日、受講証が届くまで大切に保管してください。 現在、留学生8000人の受け入れ目標を掲げる。

次の

早稲田大学

早稲田 エクステンション センター

4月 - 専門部に商科(3年制)を新設。 講義概要 東洋の「禅」が世界の「ZEN」として広まり高く評価される起点となった人物、鈴木大拙の言葉にもとづいて禅について考える禅思想の入門講座です。 、、、を設置。 政治学、法律学、文学、商学、理工学、教育学、芸術、スポーツなど様々な分野で、近代日本国家の教育・研究分野の形成をリードしてきたモデル校であり、上述の慶大と共に「 私学の雄」と並び称されている。 1923年(大正12年)• 2月 - 西早稲田キャンパス整備計画に基づいて、B棟(8号館)が竣工。 1950年(昭和25年)• 8月 - 校名を と決定。 9月 - (現:)設置。

次の

新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について

早稲田 エクステンション センター

教育、研究および国際化 [ ] 外国人留学生の受け入れ体制 [ ] 早稲田大学中野国際コミュニティプラザ(東京都中野区) 全学部で海外からのを受け入れている。 1920年(大正9年)• 1946年(昭和21年)• 4月 - 大学院スポーツ科学研究科を設置。 2016年(平成28年)4月 - 大学院経営管理研究科設置。 4月 - 本部校舎(旧3号館南側)竣工。 当時、で連勝していたの応援歌『』に対抗するための応援歌として作成された。

次の

平安時代の歴史物語を読む

早稲田 エクステンション センター

早稲田大学配属将校 [ ] や、、などの周辺一帯は、や、陸軍射撃場、、東京陸軍第一病院などの跡地で、戦前は施設に囲まれていた。 会長となる教職員を確保した上で構成員が21人以上、詳細な会計報告を行うといった条件を毎年満たす必要がある。 1933年(昭和8年)• を行う。 1月 - 早稲田法学会発足。 4月 - 国際部を設置。 1886年(明治19年)• 1932年(昭和7年)10月 - 創立50周年式典を挙行。 1906年(明治39年)• 他大学との協定 [ ] 東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設 卒業単位の一部を他の教育機関で取得することができる。

次の

交通アクセス

早稲田 エクステンション センター

7月 - 卒業生に認可。 4月 - 教育学部に理学科(数学専修・生物学専修・地学専修)を新設。 8月 - 早稲田大学報国隊を結成。 しかしながら今日の著作権遵法精神の下、過去のものとなっている。 (cf. 休講回数が多く補講日数が不足する場合など、講座回数を満たすことができない場合は、未開講分の講座回数に応じた受講料を返金いたします。

次の

交通アクセス

早稲田 エクステンション センター

学園祭 [ ] 早稲田大学のは「早稲田祭」と呼ばれ、通例上旬に2日間にわたり実施される。 図書館に・の壁画「明暗」を設置。 その後1902年(明治35年)に早稲田大学と改称、さらに1920年(9年)2月5日に大学令に基づく大学設立が認可された(これは慶應義塾大学と共に私立大学として初 )。 4月 - 6学部でクォーター制を導入。 と国内相互間留学制度・学術交流制度を提携。 (2014年4月、グローバルエデュケーションセンター GEC に移管)• (早稲田大学出身の高田勇道創設)や(学校法人江副学園 )がにある。

次の