ドン シーゲル。 ドンシーゲル

ドン・シーゲル(巨匠の歴史)

ドン シーゲル

主演男優賞、監督賞、そしてプロデューサーとして作品賞にノミネートされ、見事に監督賞と作品賞を勝ち取った。 Hitler Lives 1945• 抜き射ち二挺拳銃 Duel at Silver Creek 1952• [3]• 近代戦争において初めて自爆行為、つまりテロを行ったのは何と言っても悲しき日本軍です。 』では、第2班監督として弟子であるペキンパーが付いて、シーゲルを励ます形となったが、この2年後にペキンパーは死去した。 1912年10月26日、イリノイ州シカゴに生まれる。 本映画のように地上戦で塹壕越しの戦いはある意味新鮮に見えます。 従って、この『スパニッシュ・アフェア』は(少なくとも今回の放映版に関する限り)、シーゲルの単独監督作とみてまず間違いないだろう。 本作は公開されると、批評家の絶賛を浴びながらも、アメリカでの興行は不満が残る結果となった。

次の

人物情報

ドン シーゲル

一瞬、違和感を覚えますがこの手法を用いた ドン・シーゲルはやっぱり只者ではありません。 きっと、これが大きく関係しているに違いない。 同じ脱獄映画です。 「セプテンバー・アフェア」という原題を持つ『旅愁』 50 をはじめ、『ローマの休日』 53 や『慕情』 55 、『間奏曲』 57 など、この時期、海外のさまざまな国を舞台に、かの地の異国情緒溢れる風景や文化風俗を随所に盛り込みながら、主役の男女の恋の行方を波瀾万丈に描いた、一連のハリウッド製観光メロドラマ映画の系譜に連なる、シーゲルの作品群の中でも一風変わった異色作なのだ。 その風貌が 若者を中心に「アンチヒーロー」として人気を博し反体制の象徴にされることもありました。 『 吹 ラムの大通り【日曜洋画劇場版】【町山智浩撰】』 C 1971 Gaumont - Parma Films - Mercurio Films - Rizzoli Films 『パリのランデブー』 C 1995 LA C. [2]• その他、一癖も二癖もある人物が前線に駆り出されます。 援軍が到着するまで独軍の侵攻を阻止する命令を受け奮闘します。

次の

Don Siegel

ドン シーゲル

そのオム・ファタールのしたたかな戦略さえも、日照りの女たちは随分あっさりと真に受けてしまう。 [1]• C The Cinema Inc. グランド・キャニオンの対決 Edge of Eternity 1959• [1]• 1946年のロバート・シオドマーク監督作品のリメイク『殺人者たち』も傑作だ。 遠くから聞こえる馬の蹄の音。 1979年の『』はイーストウッドとの最後の作品となった。 [2]• 最初から不穏だった螺旋階段、導入部分に出て来た不穏なカラスの運命、見事な円環構造、前作『真昼の死闘』とは打って変わり、真に無駄のない110分間の淀みない傑作である。

次の

人物情報

ドン シーゲル

そして次に犠牲になるのは女性、子どもです。 暴力の季節 Crime in the Streets 1956• [2]• スティーブ・マックイーンを意識しているはず それでクリント・イーストウッドに陽の目が当たった可能性があるのです。 もちろん世界的に大ヒットします。 白黒版と着色版があるが、着色技術のクオリティーが低いので、観るなら白黒版が良い。 おそらく戦いという闘争本能は人類が滅亡するまで続くでしょう。 そんなわけで『マンハッタン無宿』の撮影現場でも、ちょっとした衝突があったと言われるが、イーストウッド曰く、「…最初は角を突き合わせた部分もあったが、最後には素晴らしい関係を築けたと思う」。 あいつのツキをぶっとばせ! 米軍側からの目線で描かれています。

次の

映画『突撃隊』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。スティーブ・マックイーンvsドン・シーゲル監督作品。クリント・イーストウッドはまだ無名だった。

ドン シーゲル

ことによると、スペイン本国では、この人物が後から部分的に監督を務めて、別バージョンという形で『スパニッシュ・アフェア』を公開している可能性もなきにしもあらずと思い、ネットの画像検索で本作に関する各国の映画ポスターを見比べてみたが、やはりこのマルキーナが監督としてクレジットされているものは見つからなかった。 この3人が良すぎるせいで悪の首領であるはずのロナルド・レーガンが貫禄のかけらもない大根役者にしか見えない、という難点はあるが......。 「演出については、ほかの誰からよりもドン・シーゲルから多くを学んだと思う……彼は少ない予算で自分の思うものを撮ることができた。 あたり一面に鳴り響く鐘の音。 』ではをするシーンでワンカット登場している(実際に得意としていた)。

次の

Don Siegel

ドン シーゲル

マーサ、エドウィーナ、エイミー、ヘイリーそれぞれに良い顔を振りまき、生と死の境から浮上するかに見えたニヒルなオム・ファタールが、色情狂のキャロルという地雷を踏んでしまったことに端を発する崩壊劇。 ついでにここで明記しておくと、この『スパニッシュ・アフェア』のデータ資料に関して、本来頼るべきインターネット・ムービー・データベースでは、本作の共同監督として、シーゲルのほかにもう一人、スペイン人のベテラン映画監督ルイス・マルキーナの名前が挙げられていて、それに準拠する形で、本作を共同監督作品とする情報資料が一部で流通している。 何回も異なるアングルで撮ってみる必要などまったくなかったのだ」 シーゲルはそのキャリアで、短期間に低予算で作品を完成させるためのノウハウを確立していた。 (外部リンク). [1]• 1934年(22才)の冬には無一文だった。 The Killers (1964)• また、B級映画の低予算早撮りという製作環境の中で、シーゲルは職人的な演出を会得していった。 何気なく眺めていると、つい見落としてしまいそうになるが、ここでシーゲルは実に3分半近くにもわたって、彼らの姿を延々と長廻しの移動撮影により、ワンショットで撮り上げているのだ! うーん、さすがはシーゲル。

次の

ドン・シーゲル「白い肌の異常な夜」を観る

ドン シーゲル

短編『Hitler Lives? 彼女は晩年の映画の協力者でもあった。 この『突撃隊』が製作された 1961 年のクリント・イーストウッドは、ほとんどの無名で、同世代のマックイーンの活躍にかなりの遅れをとっています。 それだけに、『暴力の季節』と『殺し屋ネルソン』の間の57年に生み落とされながら、日本の映画ファンには長いことブランクのままお預けを食っていたこの『スパニッシュ・アフェア』への期待が、ますます高まろうというものだ。 イーストウッドの映画ではしばしば主人公が瀕死の重傷を負うが、今作では最初から既に瀕死の重傷を負っている。 簡単に言えば米軍対独軍の戦いです。

次の

映画『突撃隊』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。スティーブ・マックイーンvsドン・シーゲル監督作品。クリント・イーストウッドはまだ無名だった。

ドン シーゲル

他者に任せる場合でも、『ダーティハリー5』 88 『ピンク・キャデラック』 89 のように、長年イーストウッド組のスタントマンだったバディ・ヴァン・ホーンを起用。 シーゲルも、「われわれはひじょうにうまくやっていたと思う」と語っている。 000. これが大成功を収めて、ドン・シーゲルとクリント・イーストウッドの名は一躍メジャー入り。 乳のほとんど出ない牛、久方ぶりに卵を産む雌鶏のイメージが、女性たちの父性の渇きを潤す暗喩的メタファーとして用いられる。 それに対してシーゲルは、イーストウッドにとっては、「監督としての師」。

次の