耳元 で そっと 何 か 言っ た の。 [mixi]耳元で声

耳元 X 耳元でそっと

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

新一は、両親の寝室で見つけておいた物を自身に嵌めようとしていた。 小学校に上がる頃は自分でしていたが。 さぁ早く~。 頃合と見て、新一は蘭の中に指を入れてみた。 愛してるよ」 新一は優しく言って、蘭の足を大きく広げ、その奥にある美しく妖しく輝く真紅の花を見た。 先輩が貧血・・?で倒れてしまって。 」 チョコチョコ… 「気になる所とかあったら、言ってくださいね。

次の

『何するにせよ そっと耳元で語ろう 例えば言葉が無くても心は 不思議な期待などもてるこのごろ‥♫』by 赤鯉 ジュード : ラーメン 天真 (TENSHIN)

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

蘭のそこに口を当て、舌先で愛撫をする。 あれが、俺にとってのファーストキス・・・蘭も、だろ?」 「あ・・・思い出したわ。 先生、早く拭かないと風引きますよ?」 言葉では敵わないのはもうわかりきっているので、話題をかえる。 もう放課後だし、なんも問題もなく。 でも不思議と、暖かい気持ちになっていく。

次の

私を攫って、探偵さん(3)何もかも忘れさせて、あなたの腕の中で

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

自分はこーゆう雰囲気に慣れているっての!? あぁ、そうですよね。 「先生、立ったままでは出来ません。 解けた後もその赤ちゃんの手と耳元の声が残ってて。 クレアさん手作りのお弁当なんてすっげー嬉しい。 胸の隆起の頂に、薄紅に染まった果実があり、新一はそれを口に含んで舌先で転がす。 ふと、テーブルにスプーンとフォークをセットしているランが…俺の手に巻かれた包帯に 気付いたかのように首を傾げる。 けれど同時に、蘭を大切にしたいと、この先もずっと付き合いたいと思っていたから、新一は今日の時点でこれ以上の関係を焦るつもりは全く無かった。

次の

『初耳』

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

真っ赤に染まった顔を。 「あー…確かに。 って言ってたのに…」 はぁ。 けどよ・・・さっきみたいなキスをしといて、俺にその気がねーなんて事、ある訳ねーだろ。 目を射るような肌の白さ。

次の

彼女は言った 斉藤和義 歌詞情報

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

」 いつものように、捜査協力をお願いしに、 帝都大学理工学部物理学科第十三研究室を訪ねた私は、来た早々先生に頼まれた。 私の技術を気に入ってくれたみたいで、素直に嬉しかった。 おモテになる湯川先生ですもんね~。 」 「結婚を前提に、今から付き合えばいい。 」 ぺこりと頭を下げた。

次の

耳元 を フランス語

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

おめーの事ずっと・・・想ってた・・・」 「ねえ、新一は、あの広場で出会ったとき、すぐに私がその女の子だって判ったの?」 「その前から。 。 」 すみません、言葉足らずで…と、謝ってくれた男子学生に 全然大丈夫よ。 」 何を突然言い出すんだ、と思いがけない言葉に驚き…危うく口に含んだスープを 吹き出しそうになった俺は、どうにかそれを飲み込むとクリフの方へ視線を移す。 「そんなこと言って、傷が痛むんでしょう?無理しない方が良いよ。 「あ、内海刑事こんにちは。

次の

『初耳』

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

「いいえ、どういたしまして。 「ご、ごめん…突然変なこと言って。 」 最後にフーっと息を吹きかけて、前かがみだった姿勢を元に戻した。 これが解決すれば事件の内容を聞いてもらえるし、手ぶらで帰らなくてよくなる。 蘭は真っ赤になる。 とは言っていない。 ふいに、先生が耳に手を当て始めた。

次の

彼女は言った 斉藤和義 歌詞情報

耳元 で そっと 何 か 言っ た の

びっくりして、誰かが家に入ってきたのかと思ったのですが誰もいなくて・・その声もなんと言ったかはわからないのです。 」 日替わりメニューの中身を確認しなかった俺が迂闊だったんだし、せっかくの料理を無駄に することもないよな、と思って俺はランの申し出を丁重に断った。 蘭は目に一杯の涙を溜めて恨みがましく新一を見た。 昨日の夜、友達の夢を見てたんですが、途中で目が覚めたんです。 」 気が付けば、自然と笑顔が零れてしまっていた。 はっきり言ってしまえば、俺、蘭とそうなりてーって、すっげー思ってる!」 蘭が顔を上げ、驚いたように新一を見た。 それに、すごくおっきい・・・こんな所に一人で暮らしてるの?」 「ああ。

次の