宅 建 平成 30 年 解説。 平成30年

平成30年

宅 建 平成 30 年 解説

4: 意思能力がない状態でした契約は無効 です。 (判決文) 賃借人は、賃貸借契約が終了した場合には、賃借物件を原状に回復して賃貸人に返還する義務があるところ、賃貸借契約は、賃借人による賃借物件の使用とその対価としての賃料の支払を内容とするものであり、賃借物件の損耗の発生は、賃貸借という契約の本質上当然に予定されているものである。 )にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した(以下この問において「本件約定」という。 商業地は26年ぶりに上昇 住宅地は下落幅縮小が継続。 7月30日宅建業法等の出題論点を7つの細目に分類しました。 【問14】不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 4: 物件ごとに取引態様を明示する 必要があります。

次の

解説付き年度別試験問題集

宅 建 平成 30 年 解説

(5年前に比べるとそれぞれ増加している) また、第1回調査が行われた昭和 23 年の総住宅数: 1391 万戸 その後の 65 年間で 約 4. ウ 営業保証金を供託している宅建業者が、売主として、宅建業者との間で宅地の売買契約を締結しようとする場合、営業保証金を供託した供託所及びその所在地について、買主に対し説明をしなければならない。 消費税等相当額を含まない。 これにより、迅速な不動産取引の成立や、適正な価格付け等が期待 される。 2択までは絞れるやらしい問題、ひっかけが増えてきました。 1:賃料の中に含ませているのは通常損耗によるものであり、そのような損耗により減価するかは特約が明確に合意されていることが必要であると解する、と思いきり書いてありますね。

次の

平成30年(2018)の宅建試験の法改正を解説!

宅 建 平成 30 年 解説

新築分譲マンションの広告において、当該マンションの完成図を掲載する際に、敷地内にある電柱及び電線を消去する加工を施した場合であっても、当該マンションの外観を消費者に対し明確に示すためであれば、不当表示に問われることはない。 宅建豆知識:昭和63年までマークシートではなく手書き解答。 宅地造成工事規制区域内において、切土であって、当該切土をする土地の面積が400㎡で、かつ、高さ1mの崖を生ずることとなるものに関する工事を行う場合には、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。 9%の減少となった。 具体的なルールは下記のとおりです。 専用地域第一種• 8%、金融関係9. 3:借地権の存続期間を30年以上と定めたときは、 その期間が存続期間 となります。

次の

【宅建過去問】(平成30年問01)意思表示

宅 建 平成 30 年 解説

通謀虚偽表示とは異なり、 転得者の善意悪意は関係ありません。 【問19】建築基準法(以下この問において「法」という。 3:事務禁止処分を受けたときは 速やかに提出 します。 【問33】宅建業者Aは、Bから、Bが所有し居住している甲住宅の売却について媒介の依頼を受けた。 大阪圏は、住宅地はわずかな上昇だが、 商業地の 上昇率は三圏で最も 高い。 4:共有者の一人は共有物の全部を使用できるため、 当然には共有物の明渡しを請求することはできません。

次の

解説付き年度別試験問題集

宅 建 平成 30 年 解説

問 正解 出題内容 01 4 02 4 03 3 04 2 05 3 06 1 07 2 08 1 09 3 10 4 11 2 12 3 13 1 14 4 15 1 16 4 17 4 18 3 19 2 20 4 21 3 22 1 23 2 24 3 25 1 26 2 27 4 28 1 29 2 30 4 31 3 32 1 33 4 34 2 35 3 36 3 37 2 38 1 39 4 40 2 41 3 42 4 43 1 44 2 45 3 46 1 47 2 48 3 49 4 50 3. この年まで、法令上の制限が10問も出題されていました。 宅建業者Aは、Bとの間で専属専任媒介契約を締結した場合、当該媒介契約締結日から7日以内(休業日を含まない。 • 1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。 不動産取得税は不動産の取得に対して課される税であるので、家屋を改築したことにより当該家屋の価格が増加したとしても、新たな不動産の取得とはみなされないため、不動産取得税は課されない。 よって、先順位抵当権者の消滅時効を援用することはできません。 ]Aは、Bに対して、特段の事情がない限り、B宅の屋根を修理したことについて報酬を請求することができない。 ]甲土地につき売買代金の支払と登記の移転がなされた後、第三者の詐欺を理由に売買契約が取り消された場合、原状回復のため、BはAに登記を移転する義務を、AはBに代金を返還する義務を負い、各義務は同時履行の関係となる。

次の

平成30年

宅 建 平成 30 年 解説

建物が店舗用である場合、Aは、Bからの依頼に基づくことなく広告をした場合でも、その広告が賃貸借契約の成立に寄与したときは、報酬とは別に、その広告料金に相当する額をBに請求することができる。 )に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 具体的にいうと、Aには代金返還の義務が、Bには登記移転の義務が生じます。 4:土地の免税点は 10万円 未満の場合で、面積は関係ありません( 建築家屋は23万円 、 その他の家屋は12万円 )。 4: 貸借に空家等売買の特例は適用されず 、1ヶ月分の家賃15万円に消費税で162,000円が報酬限度額となります。 重要事項説明(35条) 取引する物件が既存建物(中古住宅)である場合には、重要事項説明書(35条書面)に下記内容を記載し、説明すること。

次の

平成30年

宅 建 平成 30 年 解説

都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内において、8,000㎡の開発行為をしようとする者は、都道府県知事の許可を受けなくてよい。 【問10】相続に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 この場合における次の記述のうち、宅建業法の規定によれば、正しいものはどれか。 )の区域以外に所在する土地について、事後届出を行うに当たっては、市町村の長を経由しないで、直接都道府県知事に届け出なければならない。 賃貸借契約に賃借人が原状回復義務を負う旨が定められていても、それをもって、賃借人が賃料とは別に通常損耗の補修費を支払う義務があるとはいえない。 雑種地を開墾し耕作している土地でも、登記簿上の地目が雑種地である場合は、法の適用を受ける農地に当たらない。 この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

次の