ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt。 今年の新作タイヤ「ブリヂストン レグノ GR

BluEarth

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

ただグリップ力や高速旋回時にはタイヤの剛性が勝ってしまい、サスペンションを強化したいと思う面もある。 ブルーアースAは、横浜ゴムのサマータイヤの中でもしなやかなハンドリングのタイヤだったが、そこにすっきりしたステアリングの切り心地が加わる。 ご注文の際、そのような場合は当社よりメールやお電話でご連絡を差し上げます。 0 TFSIクワトロ」で履き比べることができたのだ。 自分にフィットする、履き心地のいい靴を選びたい。 ハイパフォーマンスタイヤの「ADVAN(アドバン)」、低燃費性能に優れる「BlueEarth(ブルーアース)」、そしてスタンダードタイヤの「ECOS(エコス)」がそれだ。 またサスペンションストローク量の確保が難しいミニバンであるトヨタ ヴェルファイアは、その高い重心をタイヤが巧みにじわりと支え、質感高いロールでコーナリングしてくれたのだ。

次の

【横浜ゴム・BluEarth

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

低燃費タイヤ指標で転がり抵抗性能を「AA」と1段引き上げつつ、最高のウェットグリップ性能「a」を確保。 しなやかなタイヤとなっている トレッドパターンは非対称となっており、イン側は周方向細溝や対面サイプを配置することで剛性をチューニング。 輸入車やミドルサイズセダン、ミニバンも視野に入れているが軽自動車サイズも揃う。 硬そうに思っていた乗り心地はとてもしなやかで、グリップ性能はスポーツタイヤのようです。 価格は安い。

次の

低転がり抵抗なのにグリップも高い! 横浜ゴムの新ブルーアースが示した驚きの走り

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

荒れた路面も滑らかに走る。 まるで強い追い風に押されているかのように軽々と走りだしていくのだ。 その後「DNA」ブランドはフェードアウト、新たに「BluEarth」が誕生することになります。 しかしいざ転舵すると、その反応のリニアさに、GTとしての違いをすぐさま感じるのだ。 これって実は「油で揚げてないのにジューシーなから揚げ」ばりに難しい要求なのだ。

次の

ヨコハマタイヤ「ブルーアース

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

キビキビとしているがコシが無いといえばいいだろうか? また、タイヤが薄いようなイメージもあり、段差を乗り越す際にピンと弾けるような甲高い音を発するところが気になった。 発熱の抑制は、転がり抵抗の低減につながるので、燃費性能は向上する。 低燃費性能とウェットグリップ性能という相反する性能を両立するにはシリカの分散性をいかに上げるかがポイントとなる。 またしなやかなナノブレンドゴムにより路面に密着して高いウェットグリップ性能を発揮します。 ブルーアースAは2012年に発売が開始され、ハイブリッドカーはもちろん、重量級のセダンやミニバン、そして輸入車をもターゲットにしたモデル。

次の

今年の新作タイヤ「ブリヂストン レグノ GR

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

タイヤインチは14インチから19インチ、扁平率は14インチの65%から18・19インチの35%まで。 横浜ゴムは、トヨタ・カローラ/トヨタ・カローラ ツーリングの新車装着(OE)用タイヤとして、日本・ニュージーランド向けに「BluEarth-GT AE51(ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ)」の納入を開始したことを発表した。 *大文字が転がり抵抗を示すラベリングで、AAAが最高、小文字はブレーキ性能を示すラベリングでaが最高です。 XTとは「X=クロスオーバー」、「T=ツーリング」を意味し、横浜ゴムのSUV用製品の中でも都市部での走行性能を重視したクロスオーバーSUVのサマータイヤ規格に特化。 コーナーへのターンイン。 また、縦方向へのタイヤの滑り量が少なくなったため、グリップするための余分なエネルギーが減ったが、これも低燃費に寄与する。

次の

【タイヤレビュー】ミドルクラスセダンもターゲットに開発された横浜ゴムの「ブルーアースGT」 ウェットグリップ性能は最高グレードの「a」

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

素材技術の基本は踏襲されるも主張は控えられ新たな展開に置き換えられています。 この特性は、今回のようなワインディングでのステア追従性はもちろんなのだが、高速道路での直進安定性向上や、レーンチェンジ時の正確性に高い効果を発揮するだろう。 ミドルセダンによく似合うブルーアースGT その走りのインプレッションについては、橋本洋平氏の記事「」を参照していただきたいが、記者が軽自動車のN-BOXやミドルセダンのアテンザで簡単な試乗を行なった限りでは、しなやかなグリップ感が特徴的だと感じた。 転がり抵抗に関しては「AAA」から「C」までの5段階、ウエットグリップ性能は「a」から「d」までの4段階。 ハンドリングや制動性能を確保しながら、ウエット性能を向上、さらには静粛性を維持したままで転がり抵抗を減らし経済性をアップしたした「ブルーアースGT」は、そのグランドツーリングというキーワードに恥じることない総合性能を発揮。

次の

ヨコハマ BluEarth

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

これらの技術的アプローチ、開発コンセプトのほぼすべてが試乗した瞬間からフィードバックがあり体感できるレベルにあったことが驚きだ。 ブルーアースGTを装着したレクサスGS300h 続いて同じサイズ、同じクルマでタイヤをブルーアースGTに変更して走り出す。 タイヤ1本の接地面積はハガキ1枚分と言われるが、その接地面の各ブロックにくわわる力を均一にするのはなかなか難しい。 ヨコハマとしての位置づけも、スタンダード低燃費タイヤであったエースから、ハイパフォーマンスにランクアップさせプレイズの対抗としているということなようです。 ウエットでの走行もふらつきやぶれなど一切無く、安全性も非常に高いのでは無いかと感じました。

次の

低転がり抵抗なのにグリップも高い! 横浜ゴムの新ブルーアースが示した驚きの走り

ヨコハマ タイヤ ブルー アース gt

従来のブルーアースAに「もっとシッカリ感があればなぁ」なんて思っていたユーザーにはピッタリのタイヤだろう。 購入はヨコハマタイヤの専門店で、量販店より安く購入できました。 現在、日本では国内ラベリング制度にのっとって、タイヤの性能(転がり抵抗とウエットグリップ)が表示されている。 そして従来モデルが抱えていたコンパクトカー向け低転がりタイヤのイメージを払拭し、中・大型セダンにもマッチしうる「剛」のイメージを強めプレミアム性も与えて商品化を実現しているのだ。 ただ、そのままだと剛性が強くなりすぎて、いわゆる硬いタイヤになってしまうため、トレッド部のカーカスの強度を新素材に変更するとともに調整。 ブルーアースAもしっかり転がるタイヤだけに、明確な差を感じることは難しかった。 これほど剛性感、グリップ感そして質感が高く、今回は試せなかったがウエット性能も燃費性能も最高レベルであるとすればまさに望まれていたタイヤが登場した、といえるのだ。

次の