クリスティアーノ ロナウド 名言。 クリロナことクリスティアーノ・ロナウドのポルトガル語の名言

クリスティアーノ・ロナウドの素敵なエピソード

クリスティアーノ ロナウド 名言

もしかしたら、それ以上のトレーニングをしているかもしれません。 バロンドール受賞は幼い頃からの夢でした。 ポルトガルのスポルティングCPの育成組織で育ち、のちにマンチェスター・ユナイテッドに移籍。 当時のクリスティアーノロナウドからすると、学ぶべきお手本がいっぱいいるという感想でしょう。 失業中にもかかわらず所有する大きな家や高価な車は、すべてC・ロナウドからプレゼントされたものだという。 では、クリスティアーノ・ロナウドの名言の1つ目から見ていきたいと思います。 プレッシャーがストレスになるとよくないですからね。

次の

クリロナことクリスティアーノ・ロナウドのポルトガル語の名言

クリスティアーノ ロナウド 名言

6歳で地元のサッカーくらぶ、CFアンドリーニャに入団。 森保監督の今後の招集する選手にも注目したいですね。 当然に弱さも兼ね備えています。 ファンはそれを理解し、受け入れる必要があるだろう。 失意のコパ・アメリカ決勝後にアルゼンチン代表からの引退を宣言したメッシについて、ロナウドが言及している。 彼らがいなければ、このトロフィーを手にすることはできなかった」 2013年バロンドール授賞式での受賞スピーチです。

次の

クリスティアーノ・ロナウドの超絶努力から学ぶ、コツコツ努力する大切さ

クリスティアーノ ロナウド 名言

人として心から尊敬します。 相手が僕のレベルについて来られないだけ。 跳躍力・フィジカルは桁違いに強く、相手のマークを外し、縦横に抜けていきます。 そこで苦労した分、本当に今があるんだなと思います。 周りの選手もCロナウドが真のキャプテンだと認めている証です。 でもメッシが泣いているのを見ると僕は心が痛むよ。

次の

クリスティアーノ・ロナウドの名言格言集│名言格言.NET

クリスティアーノ ロナウド 名言

このヘディングの 最高到達点は3メートルに迫ると言われており、それはゴールマウスの高さ244センチを大きく超えています。 この不撓不屈の精神こそが、クリスティアーノ・ロナウドという男の魅力、そして原動力となっているのでしょう。 10歳で地元フンシャルのプロサッカークラブ「CDナシオナル」の育成組織に入団。 これまでに、何度となくレアルでプレーするのが夢だといい続けてきた。 クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル・フンシャル出身のサッカー選手。

次の

【名言】クリスティアーノ ロナウド 一流のマインド【成功法則】

クリスティアーノ ロナウド 名言

当たり前ですが、まずは、ダンベルを逆手に持つ。 エデルはゴール以外にも体を張ったポストプレー等、とても素晴らしい活躍をしたと思います。 UEFA EURO 2016では主将としてポルトガルを主要な国際大会大会初優勝に導いた。 結局、試合は3-0で勝利したが、C・ロナウドいわく「1点目は僕が決めて、2点目はアウベルトがヘディングで決めた。 「エゴイスト!ナルシスト!」と叩かれまくりました。 Cロナウドもみんなと変わらない、生身の人間です。 日々、ストイックな生活をしているクリスティアーノ・ロナウドは、いつまでこの生活をするのでしょうか? きっと、引退しても筋トレ、トレーニングをしていると思われます。

次の

クリスティアーノロナウドの名言まとめ【英語+日本語訳】

クリスティアーノ ロナウド 名言

Your hate makes me unstoppable. 2018年夏、入団時を上回る1億1700万ユーロの移籍金でイタリアのユベントスに移籍した。 どんな世界であろうとチャンピオンは特別だということですね。 今日、この先再び来るかは分からないような機会があります。 2020年1月19日に追記しました。 【クリスティアーノ・ロナウドが犬80匹を救う…財政難の保護施設にサイン入りユニフォームを寄付】 国際NGO『セーブ・ザ・チルドレン』や『ユニセフ』(国際連合児童基金)などを通じて慈善活動に従事しているC・ロナウド。 メッシに並びたい ユナイテッドに移籍してから、僕は盗めるものは何でも盗んでやろうと一生懸命練習した。 そういった選手は、苦労している人を見過ごせないのでしょうね。

次の

クリロナの名言に説得力がある理由は?クリロナの名言3選!

クリスティアーノ ロナウド 名言

でもその時でさえ、イングランドで数年プレーする事も考えていたし、その後にスペインに行く事も考えていた。 両腕でやるので、重たい重量でできるのがダンベルカールよりいいところですかね? クリスティアーノ・ロナウドの筋トレのメニューの内、2つほど紹介をさせていただきましたが、書いているだけで疲れてきそうですね。 今回は、クリスティアーノ・ロナウドの筋トレのメニューとトレーニングの仕方について書かせていただきました。 これまた泣きながら話すロナウドを見て、私も泣きました。 こういった一つ一つの発言が世界を賑わすクリスティアーノ・ロナウド。

次の