3 文字 熟語。 かっこいい五字熟語50選!習字で格好いい五文字の漢字・言葉は?

三文字熟語辞典

3 文字 熟語

・ 泥仕合(どろじあい)みにくい争いを繰り返すこと。 反対語:不真面目 ・ 益荒男(ますらお)強くたくましい男性。 極光(きょっこう)• ・ 千秋楽(せんしゅうらく)相撲や演劇などの興行の最終日。 ・ 大黒柱(だいこくばしら)家の中央にある太い柱。 コンマ区切り形式で列挙します。 ・ 丼勘定(どんぶりかんじょう)お金の出し入れが大雑把なこと。

次の

三字熟語

3 文字 熟語

意味が綺麗な二文字(2文字)漢字一覧 上記でご紹介した4種類の二字熟語の他にも、意味が綺麗な二文字の漢字はたくさんあります。 ・ 大納言(だいなごん)昔の役人の階級で右大臣の次位。 精一杯。 「いまだかつて有らず」の意味。 ・長楽万年歓(ちょうらくまんねんのよろこび :本当の喜びは、途中で途切れてしまうことなく、ずっと続くということ。

次の

「路」を含む3字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

3 文字 熟語

多くが2字であり、3字のものは、まれであるという。 ・ 近似値(きんじち)近似計算によって得られた数値。 ・ 百人力(ひゃくにんりき)100人分の力のあること。 詳細は「」を参照 日本語において「鉄棒」「思想」のように複数の漢字が連結して、それが一つの語彙単位として数えられる場合、「漢熟語」あるいは単に「」と総称する。 「廃合」自体が「廃することと合すること」を含意する)のように不条理な語として指摘されるものもある。 慣習法。

次の

三字熟語

3 文字 熟語

加納 1999 、71頁。 武士としての基本的な考え方に義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義がある。 ・ 案山子(かかし) 鳥獣の被害を防ぐため、田んぼに立てる人形。 大切な一人っ子。 悠久(ゆうきゅう):「はるひさ」「はるき」• 反対語:指定席 ・ 集大成(しゅうたいせい)たくさんのもの広く集め、一つのものとして完成すること。

次の

「路」を含む3字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

3 文字 熟語

・心静即身涼(こころしずかなればすなわちみすずし):心を乱さず落ち着いて穏やかにしていれば、身体もすがすがしい状態を保つことが出来る。 (意固地とも書く) ・ 偉丈夫(いじょうふ)身体が大きく逞しい男。 ・ 金輪際(こんりんざい)断じて。 危ないところ。 。 ・ 天王山(てんのうざん)勝負の分かれ目。

次の

「水」が入っている漢字3文字の熟語をできるだけ多く教えてください!

3 文字 熟語

加納 1999 、127-132頁。 ・ 千人針(せんにんばり)兵士の無事を祈って、千人の女性が布に赤糸で一針ずつ縫い玉を作ったもの。 す ・ 素寒貧(すかんぴん)貧乏でお金も物もない状態。 ・ 突拍子(とっぴょうし)調子はずれなこと。 格下の人が強い相手を打ち負かし、勝利をつかむための戦いのことを下克上選などといわれます。 そこに書いてあるとおり、 These sorts of reduplicative forms, such as "food-food," are not merely literal translations of the Finnish but in fact have some frequency in contemporary English for emphasising, as in Finnish, an "authentic" form of a certain thing. ・ 紙一重(かみひとえ)ほんのちょっとした差。

次の

短くてかっこいい熟語一覧|二文字/三文字/四文字/五文字

3 文字 熟語

・ 審美眼(しんびがん)美しいものと醜いものとを識別する能力。 「るり」の透明感ある響きがよく合っています。 ・ 折紙付(おりがみつき)刀剣や書画などの鑑定書。 三文字熟語辞典 五十音順 あ ・ 合言葉(あいことば) 味方どうしが前もって決めてある合図の言葉。 「熟語」• 時間が長くかかる物事。 能力に見合っていること。 ・ 仏法僧(ぶっぽうそう)仏教で重んずる、仏と法と僧。

次の

三字熟語

3 文字 熟語

に関しては「亜 - 」「異 - 」「過 - 」「激 - 」「高 - 」「最 - 」「次 - 」「主 - 」「準 - 」「初 - 」「小 - 」「新 - 」「絶 - 」「前 - 」「全 - 」「総 - 」「多 - 」「大 - 」「脱 - 」「超 - 」「反 - 」「微 - 」「猛 - 」など、に関しては「 - 化」「 - 格」「 - 感」「 - 時」「 - 的」「 - 度」「 - 性」「 - 派」「 - 味」などが挙げられる。 たとえようのない美しさを意味します。 ・ 早乙女(さおとめ)田植えをする若い女性。 ・ 拍子木(ひょうしぎ)両手に持って打ち合わせて鳴らす四角い柱形の木。 人も含め宇宙に存在するもの全てが「地水火風空」から出来ており、亡くなったり、壊れたりして無になるとき「地水火風空」にかえるとされていました。 反対語:作為 ・ 無作法(ぶさほう)礼儀作法がなってないこと。 その他、四大説と呼ばれる「地水火風」、六大節の「地水火風空識」があります。

次の