トライアンフ ロケット 3r。 ロケットIII(トライアンフ) 中古バイク一覧|新車・中古バイクなら【グーバイク】

トライアンフ ロケット3R 試乗インプレッション【量産車の世界最大排気量2458cc】(WEBヤングマシン)

トライアンフ ロケット 3r

このトルクは、たとえばドゥカティの最新型ディアベル1260と比べても7割増しとなるほどで、どのギヤを選択しても楽々と加速できるだけの余裕をもたらしている。 驚きは最大トルクで、221Nm/4000rpmのスペックは、これまた世界ナンバーワン。 低回転域で凶暴すぎず、それでいてリニアリティがあるぶん、むしろ扱いやすさを感じるほど。 9度/トレール134. 最大トルク221Nm 4000rpm• 2バージョンともタイヤは専用開発のAVONコブラクローム(Cobra Chrome)を装着し、リヤ240mm幅のタイヤにさらなるド迫力を醸し出す。 タイヤは専用開発されたAvon Cobra Chromeで、リアには240mmのワイドタイヤを装着。 後輪駆動は、ベベルボックスによるシャフト式。

次の

「初めてのディーラー」なおまきのブログ | ナオとまきとA45 ・・・・と、ごんた と こてつ

トライアンフ ロケット 3r

最新の車両情報に関してはをご確認ください。 そうはいっても、超弩級スペックとアグレッシブなルックスですから、お利口さんタイプが澄まし顔で乗るよりも、心からの喜びを叫びながらフルスロットル! なんて乗り方が似合うこと言うまでもありません。 このエンジンを縦置きする車体はフレームのアルミ化などで40kg以上も軽量化され、意外なほどの乗りやすさやコーナリング能力に貢献。 STDは前19/後16インチだが、ブラックは前輪をファットな16インチとし各部をブラックアウト。 調整機能を備えたエルゴノミクスデザイン• 完璧な排気経路を生み出すために革新的なデザインが採用されており、ヘッダーから一体型キャタライザー、3本出しサイレンサーへと流れ、特徴的で野太いトリプルRocketのサウンドトラックを轟かせる。 精巧な20本スポークホイール• LEDツインヘッドライト、トライアンフの美しいトライアングルマークがアクセント• トライアンフ「ロケット3 TFC」のお値段は…… いかがでしたでしょうか?今回は、トライアンフ社によりファクトリーカスタム、「ロケット3 TFC」をご紹介しました。

次の

Rocket 3

トライアンフ ロケット 3r

トライアンフが誇る大排気量クルーザー「ロケット3」をベースとしつつ、各パーツに上級品や特別装備品を奢ることでカスタマイズし、世界限定750台が販売されます。 ヒルホールドコントロール• 30 Stylema 4ピストンラジアルモノブロックキャリパー、コーナリングABS リアブレーキ 300mm径シングルディスク、Brembo製M4. 写真はRのハンドルバー。 ハイドロフォーミングで美しく成形された3連エキゾーストヘッダーパイプ• 量産バイクとして世界最大排気量を誇るこのエンジンが221Nmの最大トルクを発生し、他を圧倒します。 加えて、比類のないパフォーマンスとスリリングな加速も武器とするRocket 3。 キーレスイグニッションとステアリングロック• 9度/トレール134. 加えて、一般道で2,000回転、高速道路で3,000回転程度で余裕のある走りを可能にしているので、タンデムツーリングでもストレスのない最高峰のクルーザーバイクと言えるでしょう、. これは2004年に登場した初代に比較すると11%増しで、縦置き水冷3気筒のレイアウトはそのままに、排気量は2294ccから2458ccに拡大しているのでした。

次の

初 ROCKET3R!

トライアンフ ロケット 3r

アシスト&スリッパー機能付きの油圧クラッチなので、クラッチレバー操作も軽め。 また新しいバランサーシャフトも組み合わせ、エンジン単体でも先代モデル比で18kgの軽量化を実現している。 あと10cm背が高かったら完璧だったな……。 Rのシート高は775mmと十分に低いが、GTではさらに低い750mmを実現し、ライダー&パッセンジャーともにアクセスしやすい。 新設計トリプルエキゾースト。 もちろんトルクのバケモノみたいになってはいるが、それが扱いにくさにはつながっていない。 ピークトルクは4000rpmから中回転域にわたって発生し、どのギアでもエフォートレスな加速と優れたレスポンスを叶えます。

次の

排気量2500cc! トライアンフ新型「ロケットIII」がいよいよ発売!2020年1月18日からデビューフェアも開催されます!

トライアンフ ロケット 3r

中央にトライアンフのトライアングルマークが施されるなどディテールも手ぬかりナシ! ロードスターを名乗るだけあって、小ぶりなフライスクリーンが憎たらしいほど似合ってますな! TFTパネルは今やプレミアムバイクのデフォですが、やはりトライアンフのメーターは見やすい! ケーブルがパイプ内に収められ、すっきりとしたハンドルまわりも大きな魅力。 優れた快適性や、Rocket 3のパワフルなパフォーマンスの制御レベルを実現するため、新しいスリップ&アシスト油圧式クラッチは、レバーの操作力を軽減することでライダーに軽いクラッチ操作をもたらす。 9゜ トレール量 134. 最上質なクルーザーに相応しいエンジンなわけです。 そして最高出力は170PS以上、最大トルク221Nm以上と発表されています。 2020年04月28日• 完全新設計の2500cc 3気筒エンジン• 車体は先代比で40kg以上も軽量。

次の

トライアンフ ロケット3R 試乗インプレ〈後編〉【量産車の世界最大排気量2458cc】(WEBヤングマシン)

トライアンフ ロケット 3r

バイク一体型GoProコントロールシステムをアクセサリーとして装着可能• 両車とも見るからに大きく、ただ者ならぬ佇まい、圧倒的な存在感を放っています。 量産バイクで世界最大の排気量=2458ccを有するトライアンフの巨艦クルーザー「ロケット3R」。 どこか和むデザインだ。 9 最高出力(kW) 123 最高出力(PS) 167 最高出力回転数(rpm) 6000 最大トルク(N・m) 221 最大トルク回転数(rpm) 4000 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 18 エンジン始動方式 セルフスターター式 点火装置 フルトランジスタ式 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 動力伝達方式 シャフト キャスター角 27. キャリパーの冷却とレスポンスにこだわった。 いったん集合してから3本出しサイレンサーへと分岐していく。

次の

トライアンフ(TRIUMPH) ロケットスリーR

トライアンフ ロケット 3r

また、坂道発進を容易にするヒルホールドコントロール、ハイウェイでの長距離走行で積極活用したいクルーズコントロールを備えるほか、キーレスイグニッションおよびステアリングロック、グリップヒーター(GTは標準装備/Rはオプション)、USB電源ソケットなど、今どきらしい装備もしっかり押さえた。 車体は先代比で40kg以上も軽量。 エンジンはクランクケースから作り直されており、ドライサンプおよび一体型オイルタンクからなる新しい潤滑システムを採用。 ブラッシュ仕上げのアルミニウム製エアボックスカバー• ハイドロフォームド3ヘッダーエキゾーストパイプから一体型キャタライザーへ。 。 2 x 85. 標準位置と15㎜下げた位置に調整できる。

次の

Rocket 3 R

トライアンフ ロケット 3r

トレール量 mm 134. 走りのよさで知られた先代ロケットIIIよりも、さらにコントロールしやすいハンドリングが期待できる。 ロケット3Rは、(同時に登場したGTと比べれば スポーツライディング向きで、それは、バーハンドルやミッドコントロールであることに示されていた。 また、標準バーエンドミラーの他に数種のオプションミラーもあります。 最高出力167PS 6000rpm• 主張の強いパターンが刻まれる。 リヤサスペンションはピギーバックリザーバーを備えたSHOWA製フルアジャスタブルモノショックを採用。

次の