アラブ の 春。 チュニジアだけ「アラブの春」が成功している理由は?

5分でわかるアラブの春!原因やジャスミン革命などをわかりやすく解説!

アラブ の 春

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 2010年末から11年にかけて、北アフリカ、中東諸国で起こった一連の民主化運動。 また、シーア派代表との交渉が持たれている。 その混乱の中から「イスラーム国(IS)」という新たな軍事勢力が台頭するなど、事態は深刻さをましている。 の2011年6月25日時点におけるアーカイブ。 しかし、もちろんそれは現時点での話であり、今後状況を改善できる可能性があります。 2011年9月19日. その影響力の凄さを説明するためにアラブ圏 北アフリカと中東 で起こったアラブの春を切り口に説明してみたいと思います。

次の

どうして日本人は「アラブの春」を知らないんだっけ?もみ消された?

アラブ の 春

の国際ニュース• その後リビアやアルジェリアなどの北アフリカ諸国とイエメンやシリアなどの中東諸国に波及していきます。 The Gulf Today. また、イスラム過激派によるテロ事件や、イスラム主義勢力とチュニジア国軍との対立もみられるようになっていきました。 周辺諸国への影響 その後もアラブの春は終息せず、周辺諸国に拡散していきます。 ロシア軍の介入がきっかけです。 の2011年8月27日時点におけるアーカイブ。 内戦が勃発 [ ] シリア [ ] 詳細は「」を参照 の首都でも大規模な反政府抗議運動があり、穏健派イスラム原理主義組織「」や左派系団体など数百人が加わった。

次の

アラブの春

アラブ の 春

それまでアサド政権に弾圧されていたスンニ派の人々がこのアラブの春に呼応し、行動を起こしたことがきっかけで、ここまで続く内戦へと発展していったのです。 また成功しても外部の勢力の介入により前よりも政治が悪化した国もありました。 エジプト暫定政権 (2013年08月15日 朝刊) 民主化運動「 アラブの春」でムバラク政権が崩壊した後、民主的な選挙で当選したムルシ大統領を軍は7月3日のクーデターで解任。 イスラム圏諸国は同じイスラム教であっても複数の宗派が存在し、宗派同志の激しい反目がみられることに特徴があります。 また、国内のとの対立や系の介入などによる火種が周辺国にも影響を及ぼすおそれが懸念されるようになった。 人権を引っ込めないまま、何らかの撤退の準備ができるために用意されたのがジュネーブ2である。

次の

チュニジアだけ「アラブの春」が成功している理由は?

アラブ の 春

外部リンク [ ]• 暫定的な軍政がスタートしましたが,その後も最近に至るまでデモ隊と軍の衝突が続いています。 [ ]• [ ]• (文責:加藤). 特に独裁政権による圧政や、経済格差の広がりなどに対して民衆の間に不満が高まっており、そのことが強い動機また原因となって一気に爆発した結果、多くの反政府デモが起こったと言えます。 当初、政府の命令を受けた警官隊がデモ弾圧にかかっていたが、やがて一部がデモに合流し、また軍も民主化に連帯する意思を示した。 さらにイスラム国(IS)に傾倒する人々をせん滅するということも、現実的ではありません。 だがこれは懲罰を加えるための極めて限定的なものにすぎず、そのうちロシアとアメリカで化学兵器を全廃するなら止めていいと言い出した。 アサド政権側にも依然として化学兵器の使用などの疑惑などがあって国際世論は支持に向いていない。

次の

シリア内戦のきっかけとなったアラブの春とは?原因や当時の状況など詳しく解説

アラブ の 春

もうひとつの特徴は、勧善懲悪という見方の先に、悪の独裁は倒れなくてはいけない、民衆は善だから彼らが政権を握ったら理想の民主制が作られる、という予定調和を求めていることが見てとれる。 また、もこれらアラブ諸国の情勢に介入、エジプトやバーレーン、の野党・反政府勢力に接触し。 チュニジアの首都チュニスでその後、大規模な街頭デモが発生し、最終的に23年もの長きに渡り権威を振りかざして社会を圧政していた大統領「ジン・アビディン・ベンアリ」を辞任に追い込み、サウジアラビアへ亡命させることに成功するのです。 The Wall Street Journal 16 April 2011• * * * 某有名予備校教師の講義をベースに調査して書きました。 Reuters Africa 12 February 2011• 2011年2月3日. 2012年、選挙により選出されたムハンマド・ムルシー大統領は、アブドルファッターフ・アッ・シーシー国防相主導のクーデターにより罷免されてしまいます。 むしろ独裁政権が退いたことによって、それによって押さえられていた部族対立や宗教対立が息を吹き返してしまい、治安の悪化がいわゆるイスラーム過激派の暴力の横行を許してしまうと言う傾向が出てきた。 イギリスのかの有名な三枚舌外交ですね。

次の

アラブの春とは?原因や失敗からエジプトやチュニジアのその後まで

アラブ の 春

にもかかわらず失業率は14%、若年層にいたっては30%近くにのぼっている状態だったのです。 2011年2月26日. 次に成立した政権がなんとイスラム組織「ムスリム同胞団」中心のモルシ政権だったのです。 が不調のなか、もともとエジプトの騒乱では小麦価格の高騰による貧困層の困窮や、若年失業率(多いところでは5割)の大きさが原因としてあげられている。 - (2019年11月1日アーカイブ分)のブログ 教授、国際交流センター長。 どちらが良いかはその国民性や政治によりますが、一般的に王制の方が治安が安定することが多いのは上述の通り。 これらが、アラブの春に繋がっていきます。 [ ]• アラブの春の発端は、2010年12月にチュニジアで起きたジャスミン革命だといわれています。

次の

アラブの春にソーシャルメディアは効いた?

アラブ の 春

SNSが生活の一部になった今、物凄いスピードで物凄い多さの変化があるわけで。 「かわら版ニュース」• の2011年9月28日時点におけるアーカイブ。 2011年12月6日. IRIN News 2011年1月25日 英語• つまりアラブの春って 革命なんですよ。 2011年2月21日. 監視団は現在も監視活動を続けていますが,治安部隊による攻撃はおさまっておらず,予断を許さない状況が続いています。 これに怒った市民の抗議を衛星放送アル・ジャジーラやネットニュースが報道すると、国民の不満が爆発。

次の

どうして日本人は「アラブの春」を知らないんだっけ?もみ消された?

アラブ の 春

今もなお内戦状態のシリア、リビア、イエメンもこのアラブの春が発端です。 2001年2月5日. アラブの春は、2011年から始まった中東・北アフリカ地域各国で起こった民主化運動のこと• アメリカやヨーロッパ諸国は独裁政権の崩壊や民主化を支持したが、シリアのアサド政権に対する国際制裁ではロシアと中国が反対するなど、国際社会の対応は一枚岩ではない。 しかしながら、後者の可能性は内政干渉になりかねないため可能性は薄いと言えます。 ここでアサド政権と反体制派を政治的プロセスで和解にもっていこうとしている。 2010年から2011年にかけてアラブ諸国に広がっていった、民主化を求める一連の反政府デモをアラブの春といいます。

次の